化学物質過敏症知ってね☆映画祭

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≫ EDIT

ご案内とお願い

2011年07月08日(金)


化学物質過敏症知ってね☆映画祭の開催が明日となりました。
たくさんのお問い合わせや、協賛、後援、参加申し込みをいただきまして
ありがとうございます。


map.gif



朝9時からチケット当日払いの清算をいたします。9時30分開場ですが、
当日清算の方はお早目にご来場くださいね。

エアコン温度の設定が高めとなっていますが、お席は十分な余裕を考慮して
会場を選んでいますので、ゆったりとご覧になっていただけると思います。

会場は、化学物質過敏症の方ために特別なことはしていませんが、天井も
高く、トイレに強い芳香剤は置いてありませんでした。


皆様にお願いですが、当日は、香料の強いものや整髪料などをできるだけ
避けてくださるととても助かります。ご協力よろしくお願いいたします。


今回どうしても都合のつかなかった方から、残念ですとのお声や協賛を
いただきました。また、遠くから応援してくださった発症者の方たち。

快く受けてくださったチケット販売店の方みなさま、チラシを置いてくださった
みなさま、いろいろな講演会での宣伝、化学物質過敏症支援センターから
チラシ配布、たくさんの方たちのご協力のおかげで、明日の映画祭を迎える
ことができます。

ありがたいです。 


この場をお借りしまして、お礼を申し上げます。


そうそう、当日ボランティアのみなさま、明日はよろしくお願いします。


明日が本番です。みなさんにお会いできることを楽しみにしています。

≫ EDIT

出展品

2011年07月06日(水)


今日も1日暑かったですね。節電で冷房など控えている方が
多いかと思いますが、水分をとったり無理のないように、熱中症には
気を付けてくださいね。

s1b_20110707010008.jpg


当日は映画祭だけでなく、会場入り口のホールで私たち発症者が普段
使っているものや、化学物質過敏症についての説明、全国に点在している
発症者の顔写真リレーなど数々の展示出展を企画しています。

こちらのほんわかと癒される絵は、チケットのデザインをしてくださった、
イラストレーター「mother earth」神田志保さんのイラストです。

今回、化学物質過敏症のパネルの挿絵もお願いしました。少しだけ先に
お見せします。続きは当日みてくださいね。

私たち化学物質過敏症知ってね☆うぉーくだけでなく、私たちが日頃お世話に
なっている業者さんたちの展示もたくさんありますので、映画の合間や、お昼休み
などを利用して、ご覧になってくださいね。

≫ EDIT

当日のご案内

2011年07月05日(火)


化学物質過敏症知ってね☆映画祭の開催が、今週末となりました。


iventbanksmal.jpg


お昼ご飯ですが、近くには2階のレストランときや入口の売店ぴっころがあります。

外に食べに行かれても、チケットの半券をご提示くだされば出入り自由ですので、
お好きなタイミングで出入りしてくださいね。

2階、レストランときのメニュー pdfファイル


入口売店ぴっころへのリンク


特に食事に気をつかわれている方は代々木八幡駅や、代々木上原駅近辺のオーガニックカフェ
などを利用されることをお勧めします。



丸1日全部の映画を楽しみたいけれど、外に食事に行く時間が・・・ という方には、
代々木八幡駅の天然酵母パンの老舗ルヴァンでパンを買って、お昼休みに外の
ベンチの木陰で食べるのはいかがですか。 

ルヴァンは、朝8時からオープンしていますよ。

大変申し訳ございませんが、ホール内でのご飲食はできません。

食べることばかりに気がいってしまいましたが、映画以外にも、当日の楽しみ方が
あります。 続きは、次回の更新に~ 

≫ EDIT

ビデオレターのあらすじ

発症者からのメッセージや、支援団体の取り組みなどを1作品にまとめました。発症者、専門医(宮田幹夫先生)、電磁波ウオークなどが登場します。お昼休みの間と、15:30から上映しますので、ご都合のよろしい時間帯にご覧ください。

≫ EDIT

「ミツバチからのメッセージ」のあらすじ

近年、ミツバチの大量死が報道されます。その原因となっているのが、ネオニコチノイド系の農薬。EU諸国ではすでに使用が禁止されたり、規制されているというのに、日本では注意書きが一つあるだけで、まだ日常的に使われています。
ネオニコチノイド系農薬は、猛毒とされる有機リン系農薬に代わって使われ始めた農薬で、従来の殺虫剤のように直接殺すのではなく、生物の中枢神経を麻痺させて死に至らしめるというものです。無臭で浸透性が高いので植物に蓄積していき、飛散範囲も従来の農薬よりも桁違いに広いため、多くの被害が生じはじめています。人間にも決して無害ではなく、化学物質過敏症はもとより、アルツハイマーや、多動児が生じる原因の一つも、この農薬にあると考えられています
この映画では、ミツバチの大量死から見えてきたネオ二コチノイド系農薬の恐ろしさを語るとともに、その被害にふれています。今も日常に潜む脅威を、ぜひ知ってください。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。