化学物質過敏症知ってね☆映画祭

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≫ EDIT

「いのちの林檎」のあらすじ

化学物質過敏症の患者さんを追いかけたドキュメンタリー。主人公は化学物質過敏症(ChemicalSensitivity=以下CSと略)の早苗さん。新築した自宅でシックハウスになった後、近所のゴルフ場での農薬散布でCSを発症しました。しかし病名がわかるまで6年かかり重症になってしまったのです。
早苗さんは母、道子さんと二人で呼吸できる場所を探して車で旅に出ます。ところが農薬や排気ガスで発作を起こすなど、旅は困難を極めます。やがて二人は標高千メートル地点でのテント生活をスタートしますが、それも決して安全ではありませんでした。そしてある日突然、お鍋、食器、食べ物など全てに拒絶反応が起こり、水が一滴も飲めなくなってしまったのです。
水が飲めなくなって4日間、脱水症状があらわれはじめというのに、早苗さんは化学物質だらけの救急車に乗れません。消毒液や化学薬品が充満している病院にも行けません。道子さんは自然食品屋さんに次々と電話をし、娘が口にできるものを探します。そして十何件目で無肥料・無農薬の林檎と出会います。早苗さんの身体の中に林檎の水分が入り、生命の危機から脱することができたのです。その林檎こそが、弘前市の林檎農家木村秋則さんが作った「奇跡の林檎」でした。

「いのちの林檎」は、早苗さんの他に、学校の無理解からCSが重症化した入江紘司さん、茂弘さん兄弟の青春も描きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。